タロット占い

タロット占いとはカードをスプレッドと呼ばれる配置にならべ、それぞれのカードの配置やカードが持つ意味で今後の運勢等を占う占星術。
カードには大アルカナと呼ばれる22枚のカードと、小アルカナと呼ばれる56枚カードがあり、大アルカナのみを使う方法と小アルカナを合わせて78枚で占う方法とがある。
タロットカードが、いつどこで生まれたかについては誰にも分かっていない5000年前にはその原型となるものは既に存在していたと考えられている

コメントは受け付けていません。